BACK


清里〜清泉寮・萌木の村
2005.8.24.Weday


今日はすこし時間があったので清里を車でまわってきました。
気がつけばこのデジカメ便りで清里観光の定番を
あまり紹介してなかったような…
ルートはブランシュから
八ヶ岳高原ライン→清泉寮→清里駅前通り→萌木の村→清里高原道路の大橋
写真を撮りながら約1時間ほどのドライブです。

まずは清里発祥の地、清泉寮へ

標高1500mほど、広々とした牧草地が広がって、
お天気がよければ富士山も見ることができます。
看板に「SINCE1938」となっていますが
その昔、ポール・ラッシュ博士という方が、
「最善をつくせ、しかも一流であれ」をモットーに理想のコミュニティを
作るために開拓したんだそうです。


こちらはメインの建物、赤い屋根に古いログハウスの作りが素敵です。
宿泊施設やお土産屋、2階はレストラン
お土産屋さんにはちょっと洒落た雑貨も販売しています。
テラスにしだれたナスタチウムがきれいでした。

 ↓この牧草地では10月に大きなお祭
  「カンティフェア」が開かれます。詳細は
  過去のデジカメ便り
↑ハーブガーデンが見事でした。
奥に見えるのはカフェ、行列ができるので
有名なソフトクリームが食べられます。。
とてもアイスって気温じゃないけど
やっぱり少し並んでました。
   

 ↑カフェでこんな美味しそうなのも…
  コーヒーゼリーの上にソフトクリーム
  をのせて、エスプレッソがかかってます
今回はメインのところを紹介しましたが
他にもパン工房やキープファームショップ、やまねミュージアム
八ヶ岳自然ふれあいセンター、聖アンデレ教会などが点在しています。

  
清泉寮を下ってJR小海線の踏み切りを渡り左へ行くと
清里駅前通り…かわいらしい?建物があったり
何十年か前のペンションブームのなごりが…
駅前通りはあまり美観がよくないので写真はこれだけですm(_ _)m
 

夏も終わりのせいか、台風接近のせいか、、
観光客もまばらです。
でもお盆などハイシーズンは大渋滞
この道へ入るとなかなか抜けられませんのでご注意を。


↑清里を周遊しているピクニックバス 

駅前通りを抜けて141号の交差点から見えるのは
萌木の村入口にある老舗「ROCK」カフェレストランです。
「ROCK」とでっかく看板があるのですぐわかります。
ここの駐車場へ車をとめて(無料でした)村散策へ。
 
↑広い店内ではたまにコンサートもあるそうです。
パスタや美味しいデザート、地ビールが味わえます。
ヒマな冬はオーナーが串刺しのマシュマロを
持ってきて、「暖炉であぶって食べてね」とサービス
してくれることも…

「ROCK」のすぐ横には萌木の村入口のバラのアーチが。



萌木の村は清里のなかではとてもきれいなエリアです。
真ん中の芝生広場では夏の初めにフィールドバレエの
公演が毎年行われています。
 

木立の中、石畳の散策路を歩いていくと
瀟洒なお店が点在しています。
陶器やドライフラワー、カントリー雑貨などなど
どこのお店も庭先に小さな草花を植えて
とてもおしゃれでかわいらしいです。

↓丘の上にあるメリーゴーランドのライトがきれいでした。
でもこのメリーゴーランド…ちょっと変わった乗り物です。
小さなお子様は不気味がるかもしれません。。。



忘れてましたがオルゴール館
今回写真はないのですが、こちらは「ROCK」からもう少し
141号を下った左側にあります。
大きな駐車場もありこちらがメインの入口?


帰りは6月に無料化された清里高原道路を通って。
高原大橋横の見晴らし所で↓
ブランシュからはこの大橋まで歩いても5分ほどです。

来週の29日〜31日は天皇皇后両陛下と紀宮様が
こちらの道路を通って清里ヘお成りになるそうです。


下を見ると怖いです。
晴れた日には富士山や八ヶ岳もくっきり、絶景です。




copyright © HutteBlanche.2005
Allrights reserved


++BACK++